Robotime スペースハンティング ソーラーパネル 3Dパズル

子どもたちの物心がついたころから。
自分用のおもちゃが買いづらくなっており。
誕生日付近に自分用のおもちゃを買うようになりました。

今年の第1弾はこれ。
++++

++++

これはなに?

  • 木製の3Dパズルということになっていますが、ちゃんと組み立て説明書がついています。
  • 作業する感覚はプラモデルと同じです。
  • 同梱されているもの以外では、カッターが必要でした。
  • いまどきのロボットおもちゃのようにプログラミングできたりはしません。

なぜこれにしたか

巷にあふれる「プログラミングできる」ロボットおもちゃをどれか試してみようかな。

と思っていたのですが。

プログラミング以外の要素になじみがなさ過ぎて。
遊び倒せる気がしないし。
すぐ飽きるのは目に見えている。

ならば。

一発モノのほうがいい。

最初はタミヤの模型キットで何か作ろうかなーと物色していたのですが。
見て回っているうちに目についたのがこのシリーズ

どれもこれもかっこいいではありませんか。

といっても。

難しすぎるのは作り切れる自信がない。

ということで。

お手頃価格で。
モーターとかギアを扱えるこちらのモデルにしてみました。

つくってみて

  • 説明書は英語のみでしたが、読む必要がある文章はほんのちょっとです。全く問題ありませんでした。
  • きっちり嵌められるように作られていて感動します。
  • きっちりすぎて、嵌めるのが大変なところも多いです。
  • 適宜余った板などを使って押したりもしましたが指が痛くなりました。
  • ぽきっといった部品もありますが、完成後に残った部品もあり、折れそうなやつは多めに用意されているっぽいです。
  • カッターで軸になる棒を切る手順があるのですが、実物大の長さが印刷されており、それにあわせて切ればいいので気が楽です。
  • 所要時間は数時間。
  • モーターのスイッチはありません。

完成した

かっこいいです。
完成しても走りださなくてちょっとがっかりしていましたが、太陽光にあてたら回りだしました。
部屋のあかりで走り出しちゃったら、うかつに飾っておけないですものね。

玄関に飾っておこうと思います。

キュリオシティローバー